-会津は名だたるそばの郷-

初秋になると会津盆地はそばの白い花に包まれます。 そして10月、紅葉が山を駆け降りる頃、ソバは刈り取られ、香り高い『新そば』の季節が訪れます。

桐屋は昭和46年9月、農家との共存共栄を願い、会津若松市に開業しました。 会津を訪れる多くの観光客・地元の皆様においしいそばを味わっていただきたい、そして会津が日本一のそばの郷になることを夢見て、多くの仲間とともにそばの郷づくりの活動も展開してきました。 おいしいそばを求めて40年、農家の皆さんと共に歩んできました。おかげさまで、多くの皆様に喜んでいただいています。

会津は、高遠藩から転封された『保科正之公』が「そば切り文化」を伝えられたと云われ、今でも高遠そば(大根のしぼり汁のつゆで食べるそば)があり、婚礼などのハレの日には「そば口上」と共に手打ちそばが振る舞われます。 そばを楽しみ、おいしく食べる文化が育まれてきた会津で、四季折々の旬の味とともにお楽しみいただきたいと思います。 権現亭では、夜は手打ちそば・旬の味とともに、地酒も多くそろえてお待ちしております。 ご宴会料理も好評です。どうぞご利用ください。

桐屋では、伝統の味を大切に守り、新たな味覚を求めて努力してまいります。皆様のご来店を心からお待ち申し上げております。

Copyright (C) KIRIYA. All rights reserved.